Episode24.保育士試験合格通知!保育士証が送られてくる

ついに合格通知書が!

実技試験から1ヶ月半ちょっと。なんと、合格通知書が届いてました!(祝)
懸念していた造形表現が50点満点中の30点合格ラインで、30点(笑)

めちゃめちゃサービスで合格させてくれたんだと思いますw言語表現は45点と、余裕でした\(^o^)/

保育士証が届くまでのフロー

何はともあれ、保育士資格取得おめでとー自分!と喜んでいましたが、この段階では保育士資格保持者ではありません。

筆記試験の勉強でも出ましたが、保育士を名乗れるのは都道府県知事への登録手続きを行い、登録決定後都道府県知事から保育士証が交付されてから。
保育士として働こうと思っている人は、ここから更に時間がかかるので可愛そう(^^;)

保育士登録をし、保育士証を送ってもらうためにはまず、「保育士登録の手引き」を取り寄せる必要がありますw
合格通知と一緒に「保育士登録の手引きも送ってくれればええやんw」と思いますが、管轄が違うんでしょうかね。めんどくさいんです。

この「保育士登録の手引き」が送られてきた後に、登録手数料を支払って、必要な書類を揃えて提出すると、2ヶ月ほどで保育士証が郵送されてきます。

めっちゃ時間かかるwwww
私は保育士として働く予定はなかったので、まあ気長に届くのを待ちました。
そしてついに、保育士証が到着!こんな感じでした!

めちゃめちゃ嬉しいやん〜!

保育士証が届いた時点で、ようやく保育士資格が取れたという実感がわきました。

保育士資格を目指して勉強している方、保育士資格に興味がある方へ

ここまで自分がやってきた保育士資格取得までのことを長々と書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?
簡単に取れたとかいってめっちゃ勉強してるやん!結構大変そうなところもあったやん!って思う方もいるかもしれませんし、実際そうなのかもしれませんが私は実感として意外と簡単に取れたわっていう感じです。

大変なこともあったし、勉強を頑張らなければいけないところもありましたが、それって振り返ると一瞬のことだったりするのです。

「理解が大変な教科も期間を定めていたのでそれ以上追求しない」「暗記も1ヶ月だけ集中してやる」「2回目の受験対策は問題集のみ」などの決まりごとを作っていたので、そう感じたのかもしれません。

そして、頑張った後は休む。飲む。どっか行く。
そんなスタンスだったので、続けられたのかもしれません。
私の勉強の仕方やスタンスが必ずしも合っているのかと言われるとそれは疑問なのですが、少なくとも自分は振り返って、このやり方でやってよかったなと思います。

みなさんも自分の性格や考え方、モチベーションの保ち方をよく考えて計画的に保育士試験の勉強を行い、保育士資格取得を目指してください!

何か迷っていることがあるという方に、少しでも有意義な情報がお届けできていれば嬉しいです。

Episode23.保育士試験実技、本番

保育士試験実技の会場の様子

いよいよやって来ました保育士試験実技当日!
今度の会場は、東京家政大学 板橋キャンパスでした。駅からちょっと歩くのですが、当日の朝は同じ保育士試験の受験生らしき人たちがぞろぞろと駅から歩いて行っていたので迷うことなく到着できましたw

まずは造形の実技から。受験場所である教室に行き自分の席につくと、受験番号と予定が書かれた紙が机に置かれてありました。
一人ひとり次の実技試験の開始時間が違うようで、早い人は立て続けに次の実技試験を受けれるようなのですが、なんと私は2つ目の言語表現の試験まで5時間くらい空いているというwwww
まさかの一番最後の組に入れられていました。

波乱の造形の実技がスタート

そうこうしているうちに、造形の実技の時間が迫ってきました。周りをみると色鉛筆を研いでいたり、参考書を見ていたり、筆記試験とは違った異様な感じ。
私は特にやることがないので、机の上に鉛筆と色鉛筆と時計と鉛筆削りを並べてスタンバイしたままボ〜っとしてました。

その後説明があったり、受験番号のシールを貼ったりしてすぐにスタートしました。
問題は、

事例をよみ、次の4つの条件をすべて満たして、解答用紙の枠内に、その情景を描きなさい。

事例)
H保育所の五歳児クラスの子供たちは、給食当番が配膳の手伝いをします。子供たちは、それぞれ好きな食べ物、苦手な食べ物があるようですが、みんなで楽しく食事をしています。自分が食べた食器の片づけは、保育士が手伝いながら、子供自身が行います。

条件)
1、「給食の準備」、「食事中」、「片付け」のうちから一つを選び、その様子がわかるように描くこと。
2、給食時間の保育室の様子がわかるように描くこと。
3.子供3名以上、保育士1名以上を描くこと
4、枠内全体を色鉛筆で着彩すること。

給食の準備と片付けは、色んな動きが必要そうだったので、一番簡単で無難な「食事中」を選びました。

まずは練習どおり、問題用紙の四隅に鉛筆で簡単に構図をきめて、本番の枠に色鉛筆で下絵を描いていきました。
順調に色を塗り始めたのですが、そこで気づきます。
「やばい、時間足りないwwww」
途中まで順調だったので時間をちょっと忘れて丁寧に色塗りしていたら、いつのまにか残り5分とかになっていて、めっちゃ焦って平塗りでバーーーーーッと最後やりましたw
ギリギリ塗り終えはしたのですが、最後の方、壁とかはめっちゃ汚なくなってしまいましたw
人物とかは丁寧に塗れているのに背景が雑という、明らかに時間足りてない感満載の絵に…
あと壁に小物とか描いてないからなんか寂しいかも!って急に思い、何を思ったか残り30秒くらいで無理やり変な壁時計を追加したり、動揺しまくって良くわからない行動をとってしまいました(笑)

終わった瞬間、あれ。これもしかしたら落ちたかも?と思ったくらいですw
まあでもとりあえず完成はさせたからな…後は神頼みだって感じで、とりあえずその教室を後にしました。

暇つぶしの道具必須です

ここから次の試験まで5時間くらい時間が空いたので、とにかく暇でした。
一回構内の外に出て、ご飯を買いに行ったり、そこらへんを散歩したりもしたのですが、とにかく何もすることがない。


言語表現の練習しろよって感じなんですけど、もう頭に入ってる、特に練習もいらないかなって感じだったのです。

待ち時間が結構かかる場合もあると噂で聞いていたので、私は一応ポータブルゲーム機を持ってきていたので、しまいには開放されている教室でひたすらゲームしてました。
実技試験を受ける方、暇つぶしの道具は持参しておいたほうがいいですよ!

ようやく言語表現の試験開始

さて、ようやく集合時間になったので集合場所に行ったら、番号順で4人一組くらいに分けられました。
そこから、呼ばれたチームが担当の人に引率されてどこかに消えていくというシステム…怖!

そしていよいよ私たちの番。引率に着いていくと、別の棟に移動。とある扉の前にパイプ椅子が並んでいて、そこに座らされました。
そこで、番号が早い人からどんどん部屋から呼ばれ、そして中に入って実技試験をうけるという流れでした。

ここでも私は一番最後。かなりシーンとしているので、扉の向こうから前に並んでた人たちが実技試験でやっている内容が聞こえてくるんです!
何このプレッシャー。
しかも1人前にやってひと、めっちゃ早く終わって、アラームなるまでめっちゃ沈黙流れてるー!みたいな(笑)

そんなプレッシャーをかけられましたが、いよいよ私の番がやってきました。
扉を開けると、ベテランお局保育士さんみたいな女性の方と、30代くらいの方が試験管として椅子に座っていました。
右側に荷物を置くスペースがあり、試験官の前には子どもに見立てた椅子に子どもの顔が書かれた紙が貼られてましたwww

こんな感じです。

名前と受験番号を言うと、始めてくださいと言われるので、スタートします。そこでびっくりしたのは「いつもの感じが出ない!」ということ。
あれだけ余裕だったのに、いざ本番となるとやっぱり知らずに緊張するものなのですね。最初は硬かった気がします。
ただ、途中から調子を取り戻し、お話が言い終わった2秒後くらいに3分のピピピッという音がなりました!
めっちゃ嬉しい!!!!

そんな感じで、保育士実技試験は終了。
言語表現はともかくとして、造形表現が微妙なラインだったので結果通知がくるまではなんとも言えないような感じでしたが、とりあえず筆記・実技ともに全て終わった!という充足感でいっぱいでした!

Episode22.意外な落とし穴だった造形表現

造形表現について

言語表現の実技対策はそこまで苦労しなかったのですが、意外と苦労したのが「造形表現」の方でした。
私は美術のテストでは「5」しか取ったことがないくらい絵を描くのが得意だったので、かなり油断していました。

造形表現は、色鉛筆でお題で出た絵を描くというもの。保育士試験の概要では、

保育の一場面を絵画で表現する。
求められる力:保育士として必要な造形表現(情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色使いなど)ができること。

表現に関する問題文と条件を試験の当日に提示します。
当日示される問題文で設定された一場面を、条件を満たして表現しなさい。
注意1 : 当日の持ち物(試験中机上に置けるもの)
鉛筆またはシャープペンシル(HB~2B)
色鉛筆(12~24色程度)
※水溶性色鉛筆の使用も可としますが、水分を塗布することは禁止します。
また、クレヨン・パス・マーカーペン等の使用は不可とします。
消しゴム
腕時計(アラーム等の音が鳴らないもの。計算機、電話等の機能のついていないもの。置時計不可)
※携帯用鉛筆削りを会場内に持ち込むことは可としますが、試験時間中に使用する場合は、試験監督員の
了解を得てから使用してください。
※受験者の間での用具の貸し借りは認めませんので、忘れないように注意してください。
注意2 : 試験時間は45分です。
注意3 : 解答用紙の大きさはA4判で、絵を描く欄の大きさは縦横19cmとします。
(紙の種類は試験の当日に提示します。)

と記載があります。
出されるお題は当日の試験で分かるので事前に練習することはできません。

造形表現のポイント

合格のポイントは「45分内に着色まで終わらせる」「大人と子どもの区別が分かる」「指定された年齢に合った人物を描く」「提示された条件を満たした絵にする」こと。

大人と子どもの区別が分かる、指定された年齢に合った人物を描く、提示された条件を満たした絵にするとはどういうことかというと、例えば私が受験した時に当日出された問題がこちらなのですが、

【事例】
H保育所の5歳児クラスの子ども達は、給食当番が配膳の手伝いをします。子ども達は、それぞれ好きな食べ物、苦手な食べ物があるようですが、みんなで楽しく食事をしています。自分が食べた食器の片付けは、保育士が手伝いながら、子ども自身が行います。

【条件】
1.「給食の準備」、「食事中」、「片付け」のうちから一つを選び、その様子がわかるように描くこと。
2.給食時間の保育室の様子がわかるように描くこと。
3.子ども3名以上、保育士1名以上を描くこと。
4.枠内全体を色鉛筆で着彩すること。

事例に登場するのは「5歳児クラスの子供達」と「保育士」となっています。なのであきらかに絵が5歳児よりも小さい年齢に見えたり、大きい年齢に見えるとNG。また、保育士も登場するので、5歳児と保育士の等身がおなじになってしまったりすると区別が付きづらいので、体型をちゃんと変えなければいけないんですね。

あとは、提示される4つの条件が記載されてあるので、その条件を完全に満たさなければいけません。

制限時間に大苦戦

私が一番苦戦したのは「制限時間内に着色まで終わらせる」ということ。45分で着色まで終わらせるのは想像以上にハイペースです。

まずは絵を書く範囲が縦横19cmの正方形と決まっているので、最初に構図をしっかり考えてスタートする必要があります。
思いつきで描き始めてしまうと、人が入りきれなかったり、サイズ感が小さすぎたり大きすぎたりして必ず失敗します。

構図を決められるのにかけられる時間はせいぜい5分程度。私は、本番の19cmの枠に構図を書かずに、問題用紙の端に小さい枠を描いてそこで構図を決めるようにしていました。

何故かと言うと、鉛筆で描いた構図の枠を消す時間がもったいないから。本番の枠内で鉛筆の線を残してはいけないので、鉛筆で描いた構図は消さないといけないのです。

小さい枠でざっくりと構図を決めたら、本番の枠内に色鉛筆で絵を書いていきます。
ポイントは、鉛筆は使わずに色鉛筆で描き始めること。
鉛筆で下絵を書いても、その上を色鉛筆で書いていかなければいけません。時間が足りない。

なので、鉛筆は使わずに色鉛筆で下絵を描く練習をします。時間配分から言って、下絵にかけられる時間は15~20分程度。

そしてその後着色をするのですが、塗っていない部分が少しでもあるのはNGだそうです。白い部分も「白い色鉛筆」で塗らなければいけないらしい。しかも着色にかけられる時間も15分程度。
ラスト5分くらいで全体のバランス調整・仕上げというのがベストな時間配分です。

というように、すべての工程において慣れておかないと本番絶対に時間が足りなくなってしまいます。時間内に途中で終了してしまうと、確実に不合格です。

造形表現も事前練習あるのみ

造形の試験は、事前練習が肝心。兎にも角にも時間の感覚を掴んでテンポよく終わらせるように練習すること、色鉛筆に慣れておくことに尽きると思います。
過去に出たお題などで構図をさくっと考えられるようにしたり、年齢に合った子どもの体型や大人の体型がスムーズに描き始められるように家で練習しておくと良いでしょう。

重要な色鉛筆選び

また、色鉛筆選びもかなり重要なポイントです。私は最初100均でいいやと思って、100均のものを使っていましたが全然ダメでした。
芯が硬い、色が薄いので、かなり力を入れたり重ね塗りしないとダメだったりかなりのタイムロスになってしまうのと、発色が汚いので仕上がりが綺麗に見えなかったりしたので、途中でオススメされたものに変えました。

使ったのはこちらの色鉛筆です。これはかなり良かったです。力を入れたり重ねたりしなくても色がしっかり出て発色もよかったので絵が綺麗に見えました。

三菱鉛筆 色鉛筆 880 36色 K88036CP

造形表現を選んだ方はこちらを是非使ってみてください。
何回か試し書き・試し塗りして、試験までに慣れるようにしておきましょう!
この後いよいよ、実技試験当日を迎えます!

Episode21.言語表現は余裕。練習方法は

言語表現とは

まずは言語表現の練習からいきます。
言語表現ってどういうものなのかと言いますと、簡単に言うと「絵本・童話のお話をしなさい」というものですね。保育士試験の概要で記載されていたのは

3 歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、下記の1~4のお話のうち一つを選択し、
子どもが集中して聴けるようなお話を行う。
求められる力:保育士として必要な基本的な声の出し方、表現上の技術、幼児に対する話し方ができること。

課題
1.「 うさぎとかめ」
2.「 おむすびころりん」
3.「 3びきのこぶた」
4.「 にんじん、ごぼう、だいこん」

子どもは20人程度が自分の前にいることを想定する。
お話の編集、展開に関して特にきまりはありませんが、3分になるようにまとめてください。
注意1 : 題名は開始合図のあと、一番最初に子どもに向けて言ってください。
注意2 : 絵本・道具(台本・人形)等の一切の使用は禁止です。
絵本を読んだり、道具を使ったりした場合は、不正行為になりますので注意してください。
不正行為とみなされた場合、実技試験は無効となるほか、当該年試験から3年以内の期間で受験が
できなくなる場合があります。(児童福祉法施行規則第6条の14第2項)
注意3 : 3分間は退出できません。時間は係員が計ります。
注意4 : 子どもに見立てた椅子等を前方に用意します。

ようは、目に見えない20人の子どもを想定して、3分にまとめたお話をしろということですね。
まず、前提として「絵本を持ち込んではいけない」ので、絵本の内容を記憶しなければいけません。

言語表現においてのポイント

そして言語表現で重要となるポイントが、「3分に話をまとめる」「20人の子どもに届く声量」「興味をもたせる話し方」というところですね。

このうちの「声量」と「話し方」は何もせずデフォルトで出来ていたので問題はありませんでしたが、「3分に話をまとめる」というところが鬼門でした。
3分にまとめると聞くと、少し余裕をもたせて終わったらいいんじゃないの?と思いがちですが5秒以上の早終わりNG、3分過ぎてしまうと強制終了で不合格という脅しが先生からあったからです(笑)

早く終わった場合は3分のアラームが鳴り途中で止められて終了なのですが、めちゃめちゃ早く終わってしまった場合は3分のアラームが鳴るまでその場で静止なので、試験管と受験者の無言で見合う、沈黙の時間流れるというなかなか地獄の時間。

ようは2分55秒〜3分の間に終わらせるしかないんです!
勿論時計やストップウォッチなどの持ち込みもNGですし、完全に体内時計でやるしかありませんw

また、選べる童話が「うさぎとかめ」「おむすびころりん」「3びきのこぶた」「にんじん、ごぼう、だいこん」の4つだったのですが、特に台本などはなく、自分で編集して3分にまとめなさいという鬼畜っぷりw

私はその作業がめんどくさかったので、最初から3分に編集してある教材が売られていた「3びきのこぶた」を選択しました。
もちろんみんな教材はバラバラなので、同じ「3びきのこぶた」を選択した人でも話しの展開が違ったりしていました。

言語表現の講座でやったこと

言語表現の講座は3コマ(3日間)あり、それぞれ2時間ずつでした。
まず最初の1コマ目では、4人一組のチームを組み、台本を見ながら声や表現に気をつけて順番にお話していきました。
他の3人は話している人のお話を聞きながら、ストップウォッチを持って、3分が来たら終了を知らせ、感想を伝えます。
それを4順くらいやることができましたので、4順目で自分が話す番になると所々台本を外したり見たりしながら話せるようになるという感じでした。
3分の時間の感覚も少しだけ分かるかなー?という位にまで成長。慣れって大事ですね。

その後、2コマ目の講義まで数日空いたので、自宅でもブツブツと台本の暗記を覚えたりしていました。2コマ目も同じく4人一組でチームを組み回しながらお話をしました。
暗記していたおかげもあり、私はスタート段階からほとんど台本を見ないで3分以内に終わらせることができました。
ただうろ覚えなところもあるので、まだ安定していない感じです。
それが4順目くらいには台本は見ないでもお話できるところまで持っていくことができました。

同じチームに、台本があるときのお話は問題ないけれども、台本を取ったら頭が真っ白になり「えーっと…えーっと」「あーダメだ」ということをお話中に言って止めてしまったり、緊張で早口になってしまってかなり早い時間に終了してしまったりという方がいらっしゃいました。
やっぱり人によって得意・苦手あるのかなと思います。

3コマ目の講義でもグループを組んでやったのですが、私はその頃には口が次の展開を覚えているという状態になっていたので、かなり余裕をもってお話できるようになっていました。
また、何回も繰り返して同じことを喋っているので3分の話しのリズムというのも分かってきていました。
最後に先生が一人ひとりチェックしてくれたのですが、その時は「問題ない。もっと良くするんだったら表現をもっとオーバーにしてもいいよ」というようなことを言われたと思います。

とにもかくにも繰り返し練習あるのみ

そんな感じで、実技試験対策の言語表現は終了。
最初は3分ぴったり…、内容暗記…大丈夫か?と思っていたのですが、何度も繰り返していると自然と覚えていきましたので、そんなに苦戦する感じではなかったです。あとは人に聞いてもらえたのもよかったかと思います。

言語表現は人によって、難しく感じるポイントが違うと思いますので、苦手なところを集中して克服していくように練習するのがベストですね!

Episode20.保育士試験実技の対策を開始します

実技試験対策で絶対におすすめする方法

筆記試験受験から1ヶ月後、実技試験に向けて準備を始めることにしました。実技試験本番まで残り1ヶ月ちょっとという感じですね。

実技試験で私が選択していたのは「言語表現」と「造形表現」。
「音楽表現」はて課題曲である2曲をピアノ(もしくはギター)を使って弾き歌いするという、とにかく練習が大変そうだなというイメージがあったので、速攻で却下。
しゃべるのが得意なのと、絵を描くのも昔から得意だったので、迷うことなく2つを選択しました!

実技試験は、スクールに行って実際にみんなでやりながら覚えていくという方法を取りました。DVDやインターネットなどで自宅でコツなどを聞いて学習もできると思うのですが、私は絶対に実技対策はどこかしらのスクールか予備校でやることをオススメします。

正直、筆記は通学でやろうが通信でやろうが大差ありません。
しかし、実技試験は「かなりの緊張感の中、人の前に立って行う」ものなので、特に「言語表現」と「音楽表現」は人前で表現することに慣れておかないと、本番どうしたら良いか分からなくてパニックになったり、距離感などが分からなかったり、言語表現の場合は自宅で一人でブツブツやっていると実際は全然声が出ていなかったりすることがあるからです。

是非実技対策は、人前に出て何かをすることに慣れたり、実際に自分がやったことを客観的に指摘してもらいましょう。

実技試験最大の問題

さて、私が選んだ「言語表現」と「造形表現」なのですが、正直自分の得意分野だったので楽勝だと高をくくっていたのですが、実際は結構ギリギリでした。
その理由が、保育士試験で重要視されている「制限時間」の問題があったからです。

私は、特に造形表現での制限時間に苦しめられました。普通にやってたら終わりません!練習せずにぶっつけ本番でいったりなんてすると、まず時間足りずに落ちますよ!

それ意外にも細かい気をつける点があったり(スクールの考えですが)して、実技試験余裕って聞いてたのに…90%近く(?)は実技試験受かるよって聞いてたのに…
全然余裕じゃないじゃん!!!
と、めちゃくちゃツッコミを入れました。

なので、筆記試験合格して余裕だわ〜って思ってた人もあんまり舐めないほうがよいです。ただポイントを押さえて、やることに慣れておけばそんなに問題もないかなと思いますので、大丈夫ですよ。

Episode19.2度目の保育士試験本番

2回目の保育士試験会場の様子

1ヶ月半、適度に勉強を再開した私ひよこ。いよいよ残されたニコイチ科目の保育士試験本番になるのです。

試験日は4月23日、今回の試験会場は東京大学の駒場キャンパスでした。前回は五反田の小さい駅ビルみたいなところだったので、今回会場が大きくてびっくりw
大学は広くて、受験会場も構内で沢山あったので若干迷いました。人も多い。
結構早めに着くようにしておいて良かったです。

試験を受けた教室も、前受験した場所より広く、倍の100人くらい入っていたのではないかな?
結構な人数がいるのに、シーンとしているのでちょっと気持ち悪かったですw
私の前の席にはおばあちゃんが手書きの問題集みたいなのを見ながら復習していて驚いたり、隣の席の人は欠席だったり、他の人の様子を見るくらい何故か気持ちに余裕がありました。

試験開始してからも、淡々と解き終わって寝ていました。以前の全科目受験とは違い、1つ受けたらもう帰れるのでホントに楽ですね。

ニコイチ受験。事件が起きる。

そして終わった瞬間にすぐさま自己採点。そこで事件が起きました。

教育原理は余裕で合格ラインだったのですが、社会的養護の速報が1問見解に時間がかかっていてどこのサイトを見ても全然回答が出ず…
実はその1問が合っているか不正解かで合格・不合格が分かれるというとんでもない状況になっていたのです。

たった1問落としで、教育原理・社会的養護また勉強続けなければいけないなんてショックすぎる!!!!

早く回答を!!!!と、ずーっと解答速報更新し続けていたら、何時間か後にやっと回答・見解が。
見事正解でした!!!
ただ、これだけ色々なサイトが回答に困っていたということは。見解が分かれることもあるかも…と思い、他のサイトの回答の更新も待ちました。
すると、ほとんどのところが自分と同じ回答を出したのです。ただ、1つだけ別の回答で出ていたかな?
誤報じゃありませんようにと祈りながら、無事に全科目合格できたであろう喜びに浸るのでした。

他の受験者さんたち

ちなみに、他の受験者さんともコニュニケーションを取っていたのですが、この時の試験は噂によると「児童家庭福祉」の科目が鬼のような難しさだったらしいです。。。
前回の試験で合格しておいて本当によかった。。。
あとは、やっぱり1問落としで不合格になった科目があるという人も多かったです。その悔しすぎる心情を思うと、言葉も出ません(TT)

保育士試験受けてよかったな

そんな保育士試験・保育士資格で悔しい思いもした人も多いと思いますが、この段階で私が思ったのは本当に「保育士試験を受験して良かった」ということ。
そして、「前回の試験でちゃんと勉強のやり方を組み立て、それを一つ一つ実践しておいて良かったな」ということです。
そもそも前回段階で勉強がちゃんとできてなかったら、今回の試験の合格はありえませんでした。全然勉強しなかったしねw

挫折するポイントはいくらでもありました。「科目の勉強をする時に理解が出来ないものが出てくる」「試験まで1ヶ月切った段階の模擬試験で半数の科目しか合格ラインに行ってない」「1発合格できなかったからまた勉強しなきゃいけない」などなど。
でもその度に、ま。やるか。と思って、ぬるっと続けておいて正解だったのだと思います。

ひとまず筆記試験が全て終わり、もう保育士資格取得できたも同然だと考えていた私。この後の実技試験も、それなりの努力が必要だということはあまり知りませんでしたw

 

Episode18.打倒ニコイチ。次の保育士試験を目指す

試験勉強する気になれない

保育士試験が終わったのが10月23日、筆記試験結果通知書が来たのが11月の終わりくらい。
それからというもの、全科目の試験で燃え尽きたのか残されたニコイチを勉強する気にならず、年明けから…2月から…と一切保育士試験の勉強に手をつけることなく、ただただ日が過ぎていくのでした。

試験を受ける人はここほんとに気をつけてください!
一発合格できればいいのですが、一部科目落とした場合は、本当の戦いは燃え尽き後にどう勉強を再開するかです!w

以前にも書きましたが、最初から3年かけて保育士の資格取れれば〜♪っていうのんびりパターンで計画していると、結構なしんどさだと思います。
たった2科目残しでもまた勉強を始めるというしんどさを経験しているので。

次の保育士試験日は4月23日。3月に入って試験まで1ヶ月半を切った段階で、さすがに2科目とはいえ勉強再開しないとやばいな〜と思い、重い腰をあげて勉強を開始しました。

直前対策と模擬テストを受ける

試験1ヶ月前になると、前と同じく直前対策講座と、模擬テストを受けました。
ただし今回は、ニコイチのみ。直前対策講座の内容は、前回に受けた内容と教材も言ってることもほぼほぼ変わっていませんでした。
ということは、やっぱり勉強をしておく範囲やポイントって今までとそんなに変えなくて良いんだなとこの時に確信。
前回の試験では、勉強していなかったところばっかり出たのですが、前回の試験がそういう感じだったら次は王道の問題で来るのではないか?という、根拠のない自信を持っていました(笑)

2回目の保育士試験の勉強法は?

勉強を再開してから試験日までは、教科書を読んだり暗記したりなどは特にせず、問題集を問いていくだけの勉強法を行っていました。
前回の試験で教科のベースを頭に入れ込んでいたのが本当に良かった。これやってなかったら多分、無理でした!!!
使った問題集は、以前にも話した過去問3ヶ月分の保育士試験がまとまった問題集と、

1回で受かる!保育士過去問題集 ’18年版

一問一答と、

ドンドン解ける!保育士一問一答問題集〈’18年版〉
H30(後期)保育士試験:社会的養護 一問一答200問 
H30(後期)保育士試験:教育原理 一問一答200問

新しく買い足した、超有名なリベンジセット

保育士試験:印刷&郵送サービス(リベンジセット社会的養護用)
保育士試験:印刷&郵送サービス(リベンジセット教育原理用)

あとは10月に受けた時の試験問題に直前対策の問題など、とりあえず様々な問題を解きまくりました。
やり方は、以前の記事に書いたふせんで範囲をどんどん削っていく方法。

これが、前は12科目分あったのが2科目だからだいぶ楽!
ほんとかなりハイスピードで勉強が終わるので、そんなに時間をさくこともなくプライベートの時間も大いに取っていました。

そしてなんと4月に入ってから、試験直前までの2週間は出張で自宅に居なかったためその間もあんまり勉強できなかったのですw
出張していた間はちょこっと一問一答を開いたりしてたくらい。

そうです。私、2回目の試験はもう何か余裕の境地だったんですね。
果たして、こんなんで保育士資格が取れるのでしょうか???
いよいよ2回目の保育士試験が始まります。

Episode17.保育士試験本番

保育士試験当日の様子

ついに、保育士試験当日がやってきました。私ひよこは今回初受験ですので全科目受験。試験は2日間に渡り行われます。
試験会場は人によって異なるのですが、私はスタンダード会議室 五反田ソニー通り店でした。なんと家からドア・トゥ・ドアで20分くらいの場所!ラッキーでした(笑)
この会場は普通のビルで、こんなところで保育士試験やるの?っていうくらい小さめでした。
ただ小さい分すぐにトイレに行けたり、お昼休憩でも食べる場所が近くに沢山あってすぐに戻れたり、結構好条件の試験会場です。

朝からの受験だったので早起きできるか不安でしたが、さすがに寝坊などすることもなく、余裕を持って会場に着いた私。
試験会場の雰囲気は、ザワザワしてる感じもなくみんなそれぞれ試験直前まで自分の勉強に集中してました。
私の会場は1教室50人くらいだったかな?そんなに多くなかったので人のことも気にならず、落ち着いて受験できました。

1日目の試験に備えて

さて、1日目の科目は「保育の心理学」「保育原理」「児童家庭福祉」「社会福祉」。
前日の勉強では保育の心理学と保育原理は自信があったのでスルーし、難しい児童家庭福祉と社会福祉のインプットを集中的にやりました。
児童福祉施設の設置基準、合計特殊出生率、人口動態統計、法令の暗記などです。最後の悪あがきのごとくとにかく書いて覚える!書いて覚える!の繰り返しでした。

科目終了後はすぐに解答速報をチェック

そんなこんなで挑んだ1日目なのですが、実は一科目一科目試験が終わった直後に色んなサイトが解答速報を掲載していますので、すぐに自己採点ができるのです!
なので、問題用紙にマークシートの番号を控えておいて、休憩時間に次の試験の勉強をしながらスマホで随時解答速報をチェックし自己採点を行っていました。
(気になりすぎて、次の試験に集中できないのでね)

その結果、なんと1日目の4科目は全科目合格ラインに達していたのです!!!(嬉)
別のサイトで何度確認しても、合格ライン!
これ、一発合格いけるんじゃない?と2日目の試験に向けて、気合を入れるのでした!

2日目の試験に備えて

2日目の科目は「教育原理・社会的養護」「子どもの保健」「教育原理」「子どもの食と栄養」「保育実習理論」。
前日は全科目合格っぽかったのでこの勢いで何としても一発合格したい!と、1日目の試験が終わった後にすぐ帰って勉強をしました。
子供の保健と教育原理は問題ないと思っていたので、教育原理・社会的養護、子どもの食と栄養をメインに、保育実習理論をサブ的に暗記部分のインプットを行いました。

1科目落としてしまった

2日目の保育士試験当日、場所は昨日と同じ場所でしたので迷うこともなくスムーズにたどり着き、試験が始まるまで黙々と暗記。
まず最初の「教育原理・社会的養護」の試験が終わった後に自己採点をしたところ…
落ちてる!!!(泣)
この時の試験、ほぼ勉強してないところの問題しか出てこずに撃沈しました(笑)
この時点で一発合格は無理になったので、少しテンションが落ちましたが、とりあえずまだ気を抜けない科目が待ってるので気持ちを持ち直して、以降の試験を受けました。

すると、それ以降の科目は全て合格ライン!
ギリギリのラインを狙っていた「保育実習理論」や「子どもの食と栄養」も受かったので本当に嬉しかったです。

届いた試験結果通知は…?

ただこの段階だと、まだあくまでも自己採点。
マークシートのチェックミスなどをしている可能性も大いにありえますので、まだ試験結果通知が届くまでは油断できません。
しかも受験から、試験結果通知が来るまで1ヶ月〜1ヶ月半という長さ…
自己採点では「教育原理・社会的養護」は落としていることは99%確実だったので、待ってる間に勉強しなさいよって感じなのですが、試験で燃え尽きてしまい全く勉強する気にならず、ただただ何もしないで過ごしていました。

と、そこで届いた試験結果通知。それがこちらです!

自己採点どおり!案の定ニコイチは落ちていました。
意外なのが、試験の時も自信満々だった子どもの保健が60点のギリということ(笑)
まあでも受かったから良しとしましょう。

これでニコイチは次の試験に持ち越しとなるのですが、これまで12科目分を勉強してきた身としては、2科目なんて楽勝じゃん!とかなりゆとりある気持ちで居たのでした。

Episode16.保育士試験に向けて最後の追い込み

保育士試験まであと1ヶ月

保育士試験の直前対策講義と、模擬テストを終わらせた私。この段階で、保育士試験本番まであと残り1ヶ月くらいです。

この1ヶ月はラストスパートということで、暗記+問題(過去問・直前対策の問題・問題集・一問一答)を集中的にやりました。

暗記の日々

暗記は、科目ごとに分けてよく出てくる人物や表などを暗記。私の暗記方法は語呂合わせにして(無理やり)、ひたすらノートに書きなぐって覚える。図も何回も書きまくって手が自然と書けるようになるくらいやるって感じですねw

特に食と栄養は暗記量が多いので、直前対策でもらったテキストの中から暗記するところはコピーを取って部屋の壁に貼りまくっていました。

あれ?なんだっけって時にぱっと確認できるので、そういう意味では役立ってたかも?w

保育所保育指針の暗記も同時進行で行います。この暗記は、こちらの教材を使っていました。

CD-ROMブック 平成30年度施行 新要領・指針 サポートブック (PriPriブックス) 

これは書きなぐるというよりも、内容を理解してブツブツ言いながら覚えたり、後は3年分の過去問で結構網羅できるので問いて覚えました。

暗記以外にアウトプット+インプットも

暗記以外はひたすら前やってた過去問やら一問一答やら問題集のアウトプット+インプットの繰り返しです。(詳しくはこちらの記事を参照)ただ、何回も繰り返しているとNG付箋がどんどん取れてきて、インプットする範囲もどんどん狭まってくるので効率よかったと思います。

過去問問題集は前回の記事でもお話したとおりこちらの教材を使っていましたが、

1回で受かる!保育士過去問題集 ’18年版

余裕が出てきたので、もうひとつ問題集を買い足しました。有名なやつですね。

H30(後期)保育士試験:社会的養護 一問一答200問 
H30(後期)保育士試験:教育原理 一問一答200問
H30(後期)保育士試験:子どもの食と栄養 一問一答200問 

最終手段「必殺・一夜漬け」

そんな感じで、ひたすらバッサバッサと問題を解きまくり、間違ったところと理解できていないところだけに絞ってどんどん潰していき、隙間で暗記暗記という1ヶ月でした。集中力が続かないので、ラスト1ヶ月に暗記を持ってきたのは正解でしたね。

この段階になるといかに、集中してやれるかがキモなので私は極力外に出てやるようにしました。主にスタバを利用してましたかね。やはり家だとダラダラやってしまうので、集中できる場所でやっておいてよかったです。

あと、これは私だけかもしれないのであまり参考にしないでほしいのですが、マストで覚えなければいけないという暗記部分が試験ギリギリまで覚えられないという箇所も結構ありました(笑)
ただ私昔から一夜漬けタイプなので、割り切って試験前日につめこもうと決めていたところも何個かありました。
栄養素ごとの推定平均必要量、推奨量、目安量、耐用上限量や、児童福祉施設の設置基準、合計特殊出生率などのところですねw

どうしても数字の記憶に弱い私は、数字が絡む暗記は一夜漬けに回すようにしました。

逆に、1日目の試験分の科目はその前日に、2日目の試験分の科目は1日目の試験が終わった後に集中して記憶すすようにしました。
この感は恐らく数字が絡む部分しかインプットしなかったような…

試験ギリギリまでインプットし続け、試験が始まった瞬間ものすごい勢いで余白に書き込み、安心して1問目から解くという感じでやりました。これで、問いてる間に頭から飛ぶというのは無かったです(笑)
ただ問題に出なかった時はちょっと残念でしたが…

そんな感じで最後の最後まで粘り粘って、保育士試験勉強をやっておりました。
次はいよいよ保育士試験本番でございます。

 

Episode15.保育士試験直前対策・模擬テスト

直前対策講座で重要点を確認

さて、全体スケジュールのSTEP3まできました。(詳しくはこちら)。この時点で9月末。試験本番まで1ヶ月を切りました!

まずは保育士試験の直前対策講義を受講しました。この時、久しぶりに(というか1、2回して行ってないんだけれども)スクールに出向いての講義を受けました。
この直前対策は全科目それぞれ2時間ずつ、出題傾向が高いところをまとめてくれている講義でした。

まとめられているところは、全体把握でやった講座の中からピックアップされたものなので、全てなんとなく把握していた所です。過去問も解きまくっていたおかげか、この段階になると講義で喋っている話に理解がついていけるようになってましたwすごい。

また、直前対策講義用のポイントが絞られたテキストも配られました。
このテキストは今までの全科目の講義で使っていたテキストの中から、直前対策講義用に抜き出されただけの薄いテキストなのですが、この先保育士資格を取るまでのメインの教材はこちらになり、前使っていた教科書を開くことはほぼほぼ無くなるのでしたw

模擬テストで半分以上不合格

全ての科目の直前対策が終わり、その後は模擬テストを全科目受験しました。
この模擬テストは、保育士試験本番を想定して行われたものなので、試験時間や問題用紙・解答用紙、試験時の注意まで保育士試験の時と全く同じ感じで行われました。

この時の結果を言いますと、5科目不合格ラインという結果でした。
やはり難しい科目である「教育原理・社会的養護」「児童家庭福祉」「社会福祉」「子どもの食と栄養」「保育実習理論」は落としました。

まぁ、問題を解きながら「だろうな。」とは思っていましたが。
この時人によっては大いにショックを受けるかもしれません。だって科目の半数以上は落としてしまっているのですから。ということは次の試験までまた5科目も勉強を続けなければいけないということ。しんどすぎる。

最後の追い込みでやらなければいけないこと

ただ、意外と私ひよこはというと、至って冷静でした。むしろこの段階で、半数合格ラインはまあまあ良いのではないかと。
というのも全科目の基礎の構築で2ヶ月という程時間を割いていたため、暗記系はまだほぼほぼ手をつけられていなかったのですが、理解できずに落としてしまった部分は、そういった「暗記していないと解けないようなところ」が多かったからです。

代わりに、理解できている部分はある程度点が取れていたのでここから先は暗記中心にいけばなんとかなりそうかもと思いました。

なので、もう残り1ヶ月切ってるのに半数以上も不合格ラインの科目があった…と大いにショックを受けている方もいると思うのですが、あんまり落ち込みすぎなくていいと思いますよ!まだ時間はありますからね!
今までやってきたことを否定しないで、あともうちょっと頑張りましょう。

私もここからまた心機一転、保育士試験当日まで最後の追い込みに入ります!