Episode16.保育士試験に向けて最後の追い込み

保育士試験まであと1ヶ月

保育士試験の直前対策講義と、模擬テストを終わらせた私。この段階で、保育士試験本番まであと残り1ヶ月くらいです。

この1ヶ月はラストスパートということで、暗記+問題(過去問・直前対策の問題・問題集・一問一答)を集中的にやりました。

暗記の日々

暗記は、科目ごとに分けてよく出てくる人物や表などを暗記。私の暗記方法は語呂合わせにして(無理やり)、ひたすらノートに書きなぐって覚える。図も何回も書きまくって手が自然と書けるようになるくらいやるって感じですねw

特に食と栄養は暗記量が多いので、直前対策でもらったテキストの中から暗記するところはコピーを取って部屋の壁に貼りまくっていました。

あれ?なんだっけって時にぱっと確認できるので、そういう意味では役立ってたかも?w

保育所保育指針の暗記も同時進行で行います。この暗記は、こちらの教材を使っていました。

CD-ROMブック 平成30年度施行 新要領・指針 サポートブック (PriPriブックス) 

これは書きなぐるというよりも、内容を理解してブツブツ言いながら覚えたり、後は3年分の過去問で結構網羅できるので問いて覚えました。

暗記以外にアウトプット+インプットも

暗記以外はひたすら前やってた過去問やら一問一答やら問題集のアウトプット+インプットの繰り返しです。(詳しくはこちらの記事を参照)ただ、何回も繰り返しているとNG付箋がどんどん取れてきて、インプットする範囲もどんどん狭まってくるので効率よかったと思います。

過去問問題集は前回の記事でもお話したとおりこちらの教材を使っていましたが、

1回で受かる!保育士過去問題集 ’18年版

余裕が出てきたので、もうひとつ問題集を買い足しました。有名なやつですね。

H30(後期)保育士試験:社会的養護 一問一答200問 
H30(後期)保育士試験:教育原理 一問一答200問
H30(後期)保育士試験:子どもの食と栄養 一問一答200問 

最終手段「必殺・一夜漬け」

そんな感じで、ひたすらバッサバッサと問題を解きまくり、間違ったところと理解できていないところだけに絞ってどんどん潰していき、隙間で暗記暗記という1ヶ月でした。集中力が続かないので、ラスト1ヶ月に暗記を持ってきたのは正解でしたね。

この段階になるといかに、集中してやれるかがキモなので私は極力外に出てやるようにしました。主にスタバを利用してましたかね。やはり家だとダラダラやってしまうので、集中できる場所でやっておいてよかったです。

あと、これは私だけかもしれないのであまり参考にしないでほしいのですが、マストで覚えなければいけないという暗記部分が試験ギリギリまで覚えられないという箇所も結構ありました(笑)
ただ私昔から一夜漬けタイプなので、割り切って試験前日につめこもうと決めていたところも何個かありました。
栄養素ごとの推定平均必要量、推奨量、目安量、耐用上限量や、児童福祉施設の設置基準、合計特殊出生率などのところですねw

どうしても数字の記憶に弱い私は、数字が絡む暗記は一夜漬けに回すようにしました。

逆に、1日目の試験分の科目はその前日に、2日目の試験分の科目は1日目の試験が終わった後に集中して記憶すすようにしました。
この感は恐らく数字が絡む部分しかインプットしなかったような…

試験ギリギリまでインプットし続け、試験が始まった瞬間ものすごい勢いで余白に書き込み、安心して1問目から解くという感じでやりました。これで、問いてる間に頭から飛ぶというのは無かったです(笑)
ただ問題に出なかった時はちょっと残念でしたが…

そんな感じで最後の最後まで粘り粘って、保育士試験勉強をやっておりました。
次はいよいよ保育士試験本番でございます。